ハービー・ハンコック、ターゲッティング、オーギュメント(2)

ハービー・ハンコックの右手アドリブフレーズの一部 をアナライズする。(スマホの方は譜面をタッチ、PCの方は譜面をクリックでクリアに拡大できます)

NEW YOURK  MINUTE」は、CD  ” THE NEW STANDERD ” の 1 曲目にある。

この曲のアドリブフレーズの一部を抜粋して、アドリブにおける フレージング アイディア を探ることにする。

CA3F0021   

1,  1 小節 1 ~ 2 拍は、 G アルタード。 3 ~ 4 拍は、 G コンデミでフレージング。 2 小節 1 拍表 Aナチュラル音は、パッシングトーン。 1 拍裏の Ab音から 4 拍 G 音まで G アルタード。 2 拍裏Ab音から 4 拍 G音は、 AbmM7 のアルペジオ。 1 小節 2 小節すべてが、 Gアルタードで、 1 小節 3 拍表の Dナチュラル音は、次の C# 音へ、 2 小節 1 拍表の Aナチュラル音は、次の Ab音へのアプローチノートとする見方もある。ターゲッティングである。

2,  1 小節は、 Ebドリアンでフレージング。Bナチュラル音は、ターゲット音であるBb音にアプローチ。 2 小節 1 ~ 2 拍は、 Abアルタード。 3 ~ 4 拍は、 Abミクソリディアン。

3,  1 小節 2 小節共に Gアルタード。 1 小節 3 拍~ 2 小節最後まで Dbトライアド。

4,  1 小節 1 ~ 2 拍は、 Ab7のコードトーン。 3 ~ 4 拍の 4 音は、ターゲット音である 2 小節頭の C音に向かうアプローチノート。 2 小節 1 拍表から 4 拍表まで Abコンデミ。 4 拍裏の Db音は、Abミクソリディアンのスケール音。又は、 3 ~ 4 拍は Fアルタード(長 6 度ずらし、フォートニックシステム)と見ることもできる。

5,  1 小節 1 ~ 2 拍。 F#mM7 のアルペジオ。スケールで言えば Fアルタード。 3 ~ 4 拍は、 Abエオリアン。又は、Abディミニッシュ(全半)。 2 小節 1 ~ 3 拍は、 Aリディアン7th スケール。 4 拍裏から 3 小節全部が、 Abリディアンでフレージング。2 ~ 3 小節の Ab7 を 2 小節目 A7 ,  3 小節目 Ab7 でフレージングしている。この時、ハンコックの左手は、 2 小節目下から G, B, Eb, Gb となっており、 2 小節 4 拍裏で、全部の音を半音下へずらしている。そして 3 小節の 3 拍まで伸びている。

6,  1 小節 1 ~2 拍は、Ab + のトライアド。スケールで言えば、 Abアルタード。 3 ~ 4 拍は、 Db+のトライアド。スケールは Fアルタード(これはAbアルタードの長 6 度ずらし、フォートニック)。 2 小節 1 ~ 2 拍は、 Dトライアド。ここのスケールは、 Abアルタード。 3 ~ 4 拍は、 Gアルタード。次の 3 小節もコードは Ab7 で、 1 ~ 2 拍表まで Gアルタード。 2 拍裏~ 4 拍まで Abアルタードになっていて、結局は Abアルタードに落ち着いている。2 小節目 1 拍裏から 3 拍目までの一つのモチーフが、半音上にずれて全部で 3 回繰り返される。 1 回目と 2 回目は、完全平行移動ではないが、 2 回目と 3 回目は完全に平行移動である。最初のモチーフの最初の A 音が半音ずれているが、これはコンスタントファンクションと言っていいだろう。

 

 CA3F0022

  7,  1 小節 1 ~ 2 拍、 Dbトライアド。スケールは、 Gアルタード。 3 ~ 4 拍の半音フレーズは、 2 小節頭の C音に向かうアプローチ音。普通に半音で下がるラインではなく、最初の2つが逆になっている。ターゲッティングだ。 2 小節は、 1 ~ 4 拍まで Cアルタードでフレージングされている。 2 拍頭の Aナチュラルは、パッシングトーン。次の 3 小節目は C7 で、 Cアルタードになっている。ここの 2 小節目と次の 3 小節目で G7 - C7 になっていて、ここを Cアルタード一発で弾いている。 3  小節  1 ~ 2 拍のフレーズは、 2 小節 3 ~ 4 拍のフレーズをオクターブ上にずらしている。

8,  1 小節 1 ~ 2 拍は、 Db7 +のアルペジオ。ここのスケールは、 Gリディアン 7 th  。 3 ~ 4 拍は、次の小節頭の G 音に向かうアプローチ音(ターゲッティング)。 2 小節 1 ~ 2 拍は、半音フレーズ。 3 ~ 4 拍は、次の小節頭のE音に向かうアプローチ音だ。 3 小節 1 ~ 2 拍は、 EM7 のアルペジオ。これは C7 のコードに対し、長 3 度上のメジャー7th のハーモニーでぶつけている。長 3 度ずらしだ。コルトレーンをやっている。 マルチトニック(スリートニック)システムだ。3 ~ 4 拍は、 Cコンデミ。

9,  1 小節は、すべて Fハーモニックマイナー。 4 拍裏の Gb音は、パッシングトーン。 2 小節 1 ~ 2 拍は、 3 拍目の Eb音へ向かうアプローチ音(ターゲッティング)。 3 ~ 4 拍は、 Fドリアン。最後の Bナチュラルはパッシングトーン。

10,  1 小節はすべて Cアルタード。 2 小節は Fドリアン。

11,  1 ~ 2 拍、 Gアルタード。 3 ~ 4 拍は、次の小節のAナチュラルに向かうアプローチ音(ターゲッティング)。 2 小節ここに左手は書いて無いが、左手が  Eb音を含んだハーモニーを弾いており、右手のフレーズは Gアルタードになる。最後の Gb音はパッシングトーン。

12,  コードプログレッション的には、半音下降の Ⅱ-Ⅴであるが、すべてDアルタードでフレージングしている。(完 2015/12/05)

コメントは受け付けていません。