独習する JAZZ STUDY (バークリー理論) 3

ここから、105 Pへ飛ぶ。 24 P  のテンションは、スケールがわかってからの方が理解し易いからだ。

 7  種の旋法について補足する。

① アイオニアンスケール : メジャースケールと同じ

② ドリアンスケール : N M(ナチュラルマイナースケール)の  # 6

③ フィリジアンスケール : N M の b 2

④ リディアンスケール : メジャースケールの # 4

⑤ ミクソリディアンスケール : メジャースケールの b 7

⑥ エオリアンスケール : N M    と同じ

⑦ ロクリアンスケール : N M    の b 2   ,    b 5

 

EX 149 と EX 150  の  Dominanto  は 無いのが普通である。

 

ジャズでよく使われる、上記  7  種の旋法以外のスケール

⑧ リディアン 7th  スケール : メジャースケールの # 4 ,  b 7 

⑨ アルタードスケール : ロクリアンの b 4 

⑩ ディミニッシュドュ スケール : 全半全半の積み重ね

  コンビネーション ディミニッシュドュ スケール : 半全半全の積み重ね

⑪ ホールトーン スケール : 全全の積み重ね

⑫ ハーモニックマイナー パーフェクト 5th  ビロー : 完全 5 度下の ハーモニックマイナーを 5 度から並べたスケール

⑬ メロディックマイナー パーフェクト 5th  ビロー : 完全 5 度下の メロディックマイナーを 5 度から並べたスケール

⑭ ハーモニックメジャー スケール : 前半 メジャースケール、 後半 ハーモニックマイナースケール

⑮ ナチュラルメジャー スケール : 前半 メジャースケール、 後半 ナチュラルマイナースケール

⑯ スーパーロクリアン : ロクリアン の # 2  

 

107 P ,  長方形枠の ③ 「主に Lydian scale  を使う」 は削除。そこは 「その場の調性によって、 アイオニアンか リディアンかを決める」 に修正。

例えば、 Key : Eb   の場所で、FM7  のスケールはどうなるのか?  M7th  コードのスケールは、アイオニアン(イオニアン) と リディアン の 2 種類のみで、違いはナチュラル 4 (アイオニアン)なのか、 # 4  (リディアン)なのかの違いだけである。    FM7  における  ナチュラル 4  は Bb 音、 # 4  は B音となる。そして、Ebメジャースケール には  Bb音 があって、 B音 は無い。故に、Key : Eb    における  FM7  は  Fアイオニアンスケールとなる。

Key : D    における  FM7  は  Fリディアンスケール

Key : Cm   における FM7  は Cナチュラルマイナー と考えれば Fアイオニアンスケール

key :  G   における FM7  は Fリディアンスケール

key :  Eb   における DM7  は Dアイオニアン、 Dリディアンの両方可

key :  B   における FM7   も 両方可

Key :  A  における    EbM7   も 両方可

 

108P。下半分にブルーススケールについて書いてあるが、バークリー理論はブルースを避けている。というか、バークリー理論では説明できない。私の考えになるが、まず一部のアフリカ人がマイナーペンタトニックの音律で唄うようになった。日本の民謡もマイナーペンタトニックは多いし、これは他の民族でもあり得る。このマイナーぺンタトニックは、倍音から生まれていない。倍音に、短 3 度と完全 4 度は無いのである。倍音という考えが発生する以前に、マイナーペンタトニックは存在していたとみるのが良心的である。古代からマイナーペンタトニックはあったのだ。そしてそのマイナーペンタトニックと、倍音として感じられるリディアンスケールを複合させた。センター C  とすると、C,  D,  Eb,  E,  F,  F#,  G,  A,  Bb,  B音とする 10音 スケールになった。このスケールは、C マイナーペンタトニックスケール+ b5,  C メジャーペンタトニックスケール、 C メジャースケール、 C ドリアンスケール、 C ミクソリディアンスケール、 C リディアンスケールの 6 種類のスケールの複合でもある。一つのトニックコードに対して、 6 つのスケールを同時に、かつミックスして使っているとすれば、これはトーナルセンターシステムである。古代の音楽は、 1 オクターブが 12 音とは限らない。ピタゴラス音律で 1 オクターブが 12 音となったはるか以前の話である。トーナルセンターというのは、中心音があり、その中心音から他の音へ何度か飛び、また中心音に戻ってくればいい訳だ。飛び方が変われば音律が変わったということである。音律(スケール)のミックスも可である。それらの音律を複合してみると、結果として10音になったのがブルーススケールである。唄(メロディ)は、和音を無視してトーナルセンターシステムで唄い、その唄に機能的和声の和音の伴奏がついたのがブルースである。あくまで仮説である。(つづく)

 

コメントは受け付けていません。