独習する JAZZ STUDY (バークリー理論) 5

134P。CHAPTER  10   EXERCISE

1, スケールとⅡ-Ⅴ7   (Ⅱ・Ⅴ)、 Ⅴ7 - Ⅰ (D ・ M )のみを示す。

a 、 key は Bb 。(1) (1 小節)   Eb リディアン  (2)   Ab リディアン7th       (3)   Eb リディアン (4)  Dロクリアン、 Gアルタードまたは  Gハーモニックマイナーパフェクト 5 th ビロー、Gミクソリディアンb6,  Gエオリアン、Gホールトーン、 Gコンデミ。 Dm7(b5)- G7  は Ⅱ・Ⅴ 。 G7 と次の小節の Cm7 は  D, M 。    (5)  Cドリアン 。 Cm7 と次の小節の B7 は、半音下降の Ⅱ・Ⅴ 。 (6)    F#ドリアン、 Bリディアン7th  。  F#m7 - B7  は Ⅱ・Ⅴ 。 B7 は 次の小節の Bb へ、半音下降の  D・M  。 (7)  Bbイオニアン、Abミクソリディアン  。通常   b Ⅶ7th は リディアン7th であるが次に続くコードGb7 が Db 音を持っているのでここは Abミクソリディアンとした。  (8) Gbリディアン7th,  Fミクソリディアンまたは  Fアルタードまたは  Fコンデミ。 Gb7 は  F7 へ半音下降の D ・M 。   F7 は次の小節が Bb であれば  D ・ M  。 

コメントは受け付けていません。