キース・ジャレット

 Stella By Starlight 」 における キース・ジャレット の アドリブフレーズの一部をアナライズする。(スマホの方は譜面をタッチ、PCの方は譜面をクリックでクリアに拡大できます)

Stella By Starlight 」は、CD  ” Standards Live ” の 1  曲目にある 。

この曲のアドリブフレーズの一部を抜粋して、アドリブにおける フレージング アイディア を探ることにする。

 

 CA3F0077

 

1 段目 1 小節。コードは Gm7 ・ C7 。1 ~ 2 拍は G エオリアン。 3 ~ 4 拍。 3 拍表拍の F# 音はクロマチックアプローチノート。 3 拍裏から 4 拍裏まで、 C ミクソリディアン。または、 3 ~ 4 拍  C コンデミ。または、 3 ~ 4 拍 C リディアン7th。この C7 は次のコード Am7(b5) へ ドミナントモーションすると考える。 Am7(b5) = F7 である。2 小節、コードは Am7(b5)。 1 拍表の B 音は、C 音に向かうグリスノート。または、 1 拍表の B 音から 2 拍表の F 音まで、A ロクリアン#2 。 3 拍裏の Eb 音と 4 拍表の C# 音は、次の D 音に向かうディレイドリゾルブ。3 小節、コードは、D7。1 拍表の G# 音は、 D アルタードのスケール音。  1 拍裏の A 音と次の C 音は、 Bb 音に向かうディレイドリゾルブ。2 拍裏の Bb 音、 3 拍の F#  ・ Eb 音は、D アルタードのスケール音。 4 拍の D 音は、コード D7 のコード音。または、 D コンデミのスケール音。 4 小節、 1 拍の D 音は、 G7 のコード音。または、 3 小節はすべて D ハーモニックマイナーパーフェクト 5th ビロー。この場合、最初の G# 音はアプローチノート。

2 段目。 1 小節、 コードは Em7(b5) ・ A7。 1 小節はすべて A ハーモニックマイナーパーフェクト 5 th ビロー。ここは、 Em7(b5) ・ A7  を、 A7 一発で考えている。2 小節、コードは Dm7。1 拍裏の C# ・ E 音は次の D 音に向かうディレイドリゾルブ。 2 ~ 4 拍は Dm7 のアルペジオ。

 

 

 

b

コメントは受け付けていません。