Beautiful Love 小曽根 真 フレーズアナライズ(3)

(譜面は一見ぼやけて見えますが、スマホの方は譜面をタッチ、PCの方は譜面をクリックで クリア に拡大できます)

ここからアドリブの 3 コーラス目である。

e

CA3F0053

 1 段目コードは 1 小節 Em7(b5)  2 小節 A7(b9)であるが、 2 小節共に A コンデミでフレージングしている。1 小節 1 ,  2 拍の C , A 音は次の Bb 音に向かってディレイドリゾルブ。2 小節 1 , 2 拍は Ebm7 のコード分散。  3 拍 4 拍は、 A7 のコード分散。全部 A コンデミのスケールノートで出来ている。 3 小節コードは Dm7。 2 音の重音でフレージングしているが、 Dマイナーペンタ+ 2  でハーモナイズされている。

2 段目1 小節目コードはGm7。 4 拍の F, A 音と、次の小節の頭の C 音で F トライアドになっている。2 小節目 1 拍 2 拍の C, A , E 音、 3 拍裏 4 拍の C,  A , E  音は、 Amトライアド。1 拍目裏~ 2 拍目裏の A , E, Db 音は A トライアドとなっているが、 2 小節は全部 C のコンデミでフレージングされている。 3 拍目裏のグリスノートは下からの半音 2 個でできている。 3 小節コードは F 。スケールは Aマイナーペンタ。フレーズの中に Amトライアドを見つけることができる。 4 小節コードは 1 , 2 拍が E7, 3 、4 拍が A7 であるが 4 小節全体を  A コンデミでフレージングしている。尚、1 拍 2 拍は G のトライアドになっている。

3 段目 1 小節コードは Dm7。最初の Bb 音は Dエオリアンのスケール音ではあるが、コードトーンの半音上の音なのでアボイドである。バークリー理論では 1 拍の表拍にアボイドノートがあってはいけないことになっているので、ここはグリスノートと考える。この小節、最初のBb音以外は、Dマイナーペンタ+ 2  のヘキサトニックでフレージングしている。 2 小節コードは Gm7。 1 ~ 4 拍表拍が FM7 のコード分散になっている。 4 拍裏のBナチュラル音は次の小節のスケール音が半拍前にずれ込んでいる音だ。アンチシペイションである。 3 小節、コードはBb7。 1 ~3 拍はBb コンデミでフレージングしている。そしてその1 ~2 拍が Em6 のコード分散になっている。 3 拍から次の小節の 2 拍まではクロマチックに次の小節の 3 拍表の A音に向かうアプローチノートである。次の小節( 4 小節) 1 拍裏のBb音、2 拍裏のAb音は、 3 拍表のA音に向かうことでディレイドリゾルブを形成している。 4 小節 3 拍のA, E 音はA7(b9)のコードトーン。 4 拍裏のD音は次の小節の音が半拍前にずれこんだアンチシペイション。 4 拍表の Db音と 3 拍裏のE音は 4 拍裏のD音に向かってディレイドリゾルブ。

4 段目 1 小節、コードは Dm7。この小節はDマイナーペンタのスケール音でフレージングしている。 2 小節コードはG7。 3 小節コードは Bb7。この 2 ~ 3 小節はすべてGコンデミでフレージングしている。Bbコンデミと Gコンデミはスケール音が同じであるからだ。 3 小節 4 拍目の 4 分音符 Db音はアンチシペイションで、次のコードA7(b9)のコードトーンである。

  f

CA3F0054

 1 段目 1 小節コードはEm7(b5)。ここから 2 段目 3 小節 2 拍まではオクターブ下の音である。この 1 小節目のスケールは、 E ロクリアンであるが実際は Gmトライアド+ 2  でフレージングしている。 2 小節コードは A7(b9)。 1 拍の F , A 音はA アルタードスケールのスケール音である。 3 ~ 4 拍の Db , E , G 音は A7(b9) のコードトーン。または、 A コンデミのスケール音。 3 小節コードは Dm7。 1 ~ 2 拍は Dm トライアド。 3 ~ 4 拍の E , D音は D エオリアンスケールのスケール音。 Eb 音はパッシングトーン。F# 音は次の小節 Ab7(b9) の 7th の音で半拍前にずれこんだアンチシペイション。 4 小節コードはAb7(b9) 。半拍前の F# 音から 2 拍裏のBb 音までA コンデミ。 3 ~ 4 拍は Ab コンデミ。 3 拍の C , Eb 音はA コンデミとも言えるし、 Ab コンデミとも言える。 この 4 小節目は Ab7(b9) = A7(b9) -Ab7(b9)  と想定している。

2 段目 1 小節コードは Gm7。1 拍の C 音は G ドリアンのスケール音。 4 拍の G , A , Bb 音も G ドリアンのスケール音とも言えるが、ここから C コンデミのスケール音で一気に 2 小節 4 拍まで弾いていると考えた方が自然である。 2 小節 4 拍目は、 A トライアドでもある。 3 小節コードは F 。スケールは F イオニアンまたは、F リディアンだ。 4 小節コードは E7 - A7 である。 1 ~ 2 拍の C , A , B 音は Aマイナーのスケール音と言えるが、ここは C , A 音が B 音に向かうディレイドリゾルブと考える。 3 拍の Bb , Ab 音も次のA 音に向かうディレイドリゾルブ。 4 拍裏の F 音は、次の小節 Dm7 のコードトーンでアンチシペイションとも言えるが、ここは A アルタードのスケール音と考えよう。

3 段目 1 小節コードはDm7。 1 拍の C# , D , Eb 音は、 2  拍表の E 音に向かうクロマチックアプローチノート。 2 ~ 4 拍は、 D エオリアンのスケール音でフレージング。 2 拍裏から 4 拍表は、 Dm トライアド。 2 小節コードは Gm7。 1 拍裏の G# , B 音以外は、 G ドリアンでフレージングしている。1 ~ 3 拍表までは、半音で下がっていて 1 拍裏の G# , B 音はパッシングトーンである。 4 拍目はDm トライアド。 3 小節コードは Bb7 。 1 拍の A 音は Bb7 とぶつかるが、ここはブルースと考える。 2 拍目の E , G 音は、 Bb リディアン 7th  スケールのスケール音。 4 拍目の F , A , C# 音は、アンチシペイションで A アルタードでハーモナイズされている。 4 小節 2 ~ 4  拍は、 D ハーモニックマイナーでフレージング。

4 段目 1 小節コードは Dm7。ここはすべてD ハーモニックマイナーでフレージング。 2 小節コードは Bb7-A7 。ここはすべて D エオリアンでフレージング。ブルース的にコードは無視して弾いている。 4 拍裏の F , A 音は Dm7のコードトーン。アンチシペイションである。 3 ~ 4 小節コードは Dm7。スケールは Dマイナーペンタ+ 2  のヘキサトニックでフレージングしている。